【レザクラ】ポーチ作り

こちらの記事で写真だけ載せてるポーチ作りを、今回は少しですが途中経過も交えて書いてみます。


まずはイメージ図から。
画像

例によって数値は目安でしかないですし、結果的にも合ってないので、これをこのまま信じないでくださいw


用途は「薬入れ」(出張や旅行の時、かばんに放り込んでおけるもの)です。
前回(この記事のポーチ①)はソフトレザーで作ったので、ちょっとしたことで潰れてしまう可能性があり、今回はサドルレザー(2mm厚、マチは1mm厚)を使うことにしました。


図面通りに切り出したところ。
画像

この時点で、正面(背面も同じ)の角のRはまだ決めかねています。鞍馬型のマチをどれだけうまく曲げられるのか分かってないので。


ファスナー取り付け:
画像

ファスナーを使うのは今回が初めてです。なので慎重に作業してたのですが・・・

致命的ではないものの、いきなり失敗しました;; (失敗自体には後で気づきました)

革とファスナーを縫い付ける縫い目が(内側の)端から離れすぎです。出来上がった時に気づいたのですが、仮止めのボンドが剥がれ、革とファスナーの間に隙間が空いてました。
もちろん縫い付け自体はキチンとできてるので外れてしまうことはないですが、見た目が悪いですよね…。


次はファスナーと上半分を縫い付けたところ。
画像

いい感じです。(製作中はファスナーの隙間には気づいてません)


ここで、下半分を仮にあててみたところ・・・長さがどう見ても足りません(←失敗その2)
上半分のマチと下半分のマチは、1cmオーバーラップさせるつもりだったのですが、縫い目1目も無いくらいの重なりしかできなさそうでした。

なので、下半分を再度切りだし。
画像

既にファスナーを引くときの持ち手まで付けてたんですけどね…。


気を取り直して、下半分を縫い付けし、なんとか完成しました。
画像

一見問題なさそうですが…

画像

こんなことに!orz


たぶん正面側と背面側とで縫い目の目打ちの位置が違ったか、1目ずれてつけてしまったんでしょうね。
実際、あまり気にせずにいましたので…
それで歪んでしまった、と…
はぁ…



ファスナーはスムースに動くので、実用上は問題ないのですが、
ものすごくかっこ悪い!
そして
ものすっごく悔しい!!




なので、もう1回(もう1つ)作ることにしました(笑)
さすがに同じ日にではないですが。


失敗したことの反省から、以下の点に注意します。

  • 正面と背面で目打ちの位置を完全に合わせる
    ただし2枚同時穴あけはしません。菱目ギリで目打ちしてるのですが、真っ直ぐ刺せる自信がなかったので。少しでも悪影響を抑えようと。
  • ファスナーの縫い付け位置を端に寄せる
    当然ですね。
  • 角のRを大きくする
    Rがきつすぎて曲げるのが大変でした。
  • マチの素材をソフトレザーに変える
    厚さの薄いサドルレザーが残り少ないということもありましたが、角のRに合わせて曲げるのが大変なので、いっそのこと変えてみようかと。
    ただし、ファスナーの裏に当て革はします。
  • ファスナーの為の持ち手は不要
    このサイズで充分革が固いので要らないと思いました。

こんな方針で再作成したものがこちら。
画像

おぉ、奇をてらうつもりはないけれど、色違いってのもなんかかっこいい!w

画像

今回は歪みもありません。よかった…。



最終的に、コバを磨いて、ファスナーの引手を付けて、全体にワックス掛けしたものがこちら。
画像

ファスナーの引手は、ファスナー取り付け部のくり抜いた部分を使ってます。
カシメの頭は潰してしまいましたw

正面から見たらナチュラル、横から見たらセカンドバックのようにシックな感じってのも面白いですね。


もったいないので?、最初に作った奴もコバ磨きからの最終工程をしました。
画像

この角度では歪みが目立たなくて、よく出来てると思えるんですけどw

ちなみに水で濡らして歪みをなくせないかもやってみたんですが、やはりズレて縫い付けてる以上、完全には無理でした。


この記事へのコメント